申込み可能者

キャッシングは誰でも申し込めるというわけではなく基本的には各社の申込み条件に則した方のみが申し込めるようになっています。(>>>即日対応が魅力の消費者金融をご紹介-「消費者金融即日NAVI」)また条件を満たさない方の募集は基本的に審査に落ちてしまうので即日融資を希望するのであればその分タイムロスに繋がる上、一定期間内に申し込む事のできる金融機関の数は限られている(一ヶ月につき約3社、それ以上の申込みは基本まともに審査してもらえなくなる)為最低限申し込み条件を満たしているキャッシングに申し込むよう心がけましょう。


キャッシングの申込み条件

とはいえキャッシング会社各社が公表している申込み情報は基本的にそれほど多くなく何れも内容はシンプルです。例えば「年齢が〇〇歳以上〇〇歳未満」という申込み条件は良く見かけます。上限に関してはだいたい60~70歳と会社によってばらつきがあるようですが、下限に関しては一律20歳とされている印象です。またそれほど多くありませんが中には「前年度の年収が200万円以上の方」「日本国内にお住まいの方」という条件を掲げている会社もあります。しかしキャッシングの申込み条件において最も一般的かつ曖昧な表現が「安定した収入のある事」これはほぼ全てのキャッシング会社の申込み条件に書いてある事ですが「安定した収入がある事」とは?という方も少なくないと思います。


申込み条件の安定した収入がある事とは

「安定した収入がある事」とは凡そ何かしらの職業(アルバイトやパートも可)についていて、毎月決まった給与があり(給与のない月が無い)、そして一定期間以上同じ職場に勤めている人の事を指します。逆に言うと正社員である必要はありませんが、アルバイトなりパートなり何でもいいので何かしらの職業についていなければキャッシングは利用できないという事です。どれだけ貯金があっても、またギャンブルによる稼ぎで生計を立てているとしても基本的には認められません。また同様の理由でどれだけ世帯主に収入があっても専業主婦の方はキャッシングの利用が困難です。中には世帯主の同意書を必要としますが専業主婦でも利用できる限度額の低めなカードも存在しますが数はあまり多くありません。また例え正社員であっても勤続年数が短い、半年以下あるいは一年以下の場合キャッシングは利用できない事があります。会社あるいは職場が安定しておらず何時辞めるか、またクビになるかまだわからないという状況下でキャッシングを利用するのは難しいようです。